自己紹介☆彡

はじめまして!

チエと申します(^^)

『基本的に引きこもりがち、コミュ障、自己表現や喜怒哀楽に乏しい』 です。

好きなものはYouTubeとディズニー♡

小6と小1の娘がいるママです(^^♪

2019年の3月まで銀行系証券会社の営業事務や総務として16年間正社員で働いていました。

退職後は、基本引きこもりながらブログに挑戦しています!

幼少期~高校まで

幼いころは人見知りが激しく、小学校に行くのもイヤで度々「お腹が痛いから学校行きたくない」と言うような子供でした💦               

中学校に入ると部活(卓球)や勉強に目覚め、わりと生き生きと生活していましたが、基本的にダラダラ好きな性格は変わりませんでした💦

制服がかわいいという理由で選んだ高校。しばらくは成績もキープしていました。高2で進路を考えだしたときに、このまま目的もなく大学に行ってもお金がかかるだけでムダだと思い・・・

高卒で就職もアリでしたが、高校が進学校で就職という選択に力をいれていなかったこと、何より就職する前に実践的な知識を身につけたいと、ビジネス系の専門学校へ進むことにしました。

専門学校時代

自分で選んだ専門学校。私が入学した当時はパソコンもあまり普及しておらず、タイピング、Word、Excel、PowerPointなど全て基本から教わりました。

秘書系の勉強を主にしていたので、ビジネスマナーなども習得。

その他、簿記や医療事務、カラーコーディネーターなどの資格もこの時にとれたので今後仕事をするには困らないなと漠然と考えていました。

証券会社へ入社決定

専門学校を卒業後、銀行系証券会社に入社しました。

元々この会社の求人は『営業職』でした。一方私の希望していた職種は『事務職』です。

しかも金融業界に興味があるわけでもなく、むしろ「証券会社とは何ぞや?」というレベルでした。

そんな私がなぜ試験を受けたかというと、試しに色々受けてみようと思っただけです😇💦

筆記試験、面接と進み、結果待ちをすること数日・・・先方から事務職として入社できないか打診が! 

※もちろん私から事務職希望とは言っていません。営業職の試験を受けに来ていたわけですから(^-^;

入社後に聞いたのですが、面接時は本来なら営業マネージャーが二人、面接官となります。ですが、たまたま一人のマネージャーが異動になったタイミングだったので不在、代理の事務マネージャーも理由は忘れましたが不在で、事務主任が代理の代理で面接官をしていたそうです。

その事務主任が私の事務職としての才能(笑)を見出してくれ、人事部に営業ではなく事務として入社できるように掛け合ったそうです。

その結果、人事の承認がおりて、私に事務職として入社できないか打診があったのです。

もちろん、事務を希望していたので即OKしました。

そしてあっさりと5月に早々と内定をもらうことができたのです。

偶然というかなんというか。

本来なら面接するはずのない管理職外の人から内定をもらったようなものです。

けれど、現場で事務専門で働いている人に見出してもらったわけなのでとても嬉しく、ありがたい気持ちでいっぱいでした。

ちなみに・・・入社後、もちろんこの主任と仕事をしたわけですが、まあ厳しく、豪快にビシバシ育てていただきました🙃(笑)

結婚~出産

入社4年目に結婚しました。同時に妊娠もしていました。

当時は産休や育休の制度はあるものの、利用している人はいない状況でした。

営業課には若い女性の先輩も多くいましたが、皆結婚や出産を機に退職。

私も結婚したら退職するつもりでいた上に、出産もからんでくるのでこのまま退職だなと考えていました

ですが、同じ事務課の先輩方(後輩はいません💦)は、だれも私が退職する方向では考えていなかったのです(゚Д゚;)

最初は「退職させてくれないんかい!」と内心思っていましたが、

先輩方は事務でこのまま辞めるのはもったいない、休業中の仕事はフォローできるし、とりあえず戻ってくる方向で進めた方がいいとアドバイスしてくれました。

育休中に気が変わればそのとき辞めてもいいし、戻ってきてから辞めることもできる、選択肢は多く残しておいた方がいいとも言ってくれました。

目先の自分たちの損得ではなく、私のこれからのことを考えてのアドバイスだったと思います。

このときに辞めなくてよかったと今は思っています。

ただ、当時は仕事をしながら子育てや家事ができるのか、正直不安なことが多かったです。

出産~仕事復帰

人生初の出産は思ったよりもすんなりと、あっさりと終わりました(^-^;

長女誕生です🎊

慣れない育児や寝不足で辛い時もありましたが、 自分が思っていたよりも子供はかわいく、ひと時も離れたくない思いでいっぱいでした。

当時の育休は1年間だったのであっという間に 月日は流れ、幸か不幸か保育園も希望通りに内定しました。

まだ赤ちゃんの娘を保育園に預けて仕事をすることが不安で、入園までに保育園に何回も足を運び、園の様子を見たり、先生たちと話して励ましてもらいました。

そして忘れもしない、慣らし保育初日。

泣きながら登園し(←私が💦)、2人いた担任の先生も出迎えながら一緒に泣いてくれました。

娘はまだ1歳になる前でしたが、状況がわかると娘も号泣。結果、みんなで泣きました(笑)

ですがそれも数日すると慣れていき、やがて安心して保育園生活を送ることができました。

それも初日を一緒に泣いてくれた先生たちへの信頼があってこそでした。

そんなこんなで仕事復帰。

時短は認知されていない時代だったので、もちろんフルタイムでの復帰でした。

仕事と育児・家事の両立

両立生活は実家の母のサポートがあったからこそ成り立っていました。

車で片道1時間程度、ほぼ毎日保育園のお迎えに行ってくれました。

母は、結婚と同時に泣く泣く仕事を辞める経験をしていたので、私が仕事を続けていくことにとても協力してくれました。

ちなみに夫は朝は7時前に出勤、夜は21時ごろ帰宅、土日も仕事のため、あてにならないという状況でした(゚д゚lll)

2人目妊娠~出産

長女出産から4年後、2人目の妊娠が発覚。

今回は自ら産休・育休をとり仕事を続けることを選択しました。

当時は私も事務職の中心となっていて、引継ぎに余念がないように仕事をしていたところ、産休の1週間前に出血し、切迫早産で緊急入院することに!

頑張ってやっていたことが体にとっては負担になり裏目に出てしまいました(泣)

仕事の方は引継ぎ書が完成していたため事なきを得ましたが、2人目はそのまま早産ということになりました。

入院中、急な破水で予定日よりも1か月と10日ぐらい早い出産

出産するまでは不安で不安で仕方なかったですが、元気に生まれてきてくれました。

次女の誕生です🎊

とはいえ、低体重のため出産後は大学病院へ救急搬送。しばらくNICUに入院になりました。

仕事復帰~退職

小さく生まれた次女ですが、2週間ほどの入院後、元気に退院しました。

長女と5つ違いのため長女が通っていた保育園に次女も優先的に入園でき、仕事へ復帰です。

長女の時とは違い、張り切って復帰しました(笑)

ですが、育休中に会社が合併したことによりシステムが変わったことなど、今度は仕事に対して戸惑うことが多かったです。

システムは使いながら覚えて慣れていきましたが、合併したことによる人間関係の変化や会社の方針が変わったことなどは、なかなか慣れることができませんでした。

思えば、入社した当初から一緒に働く先輩や上司には恵まれていました。

仕事が辛い時も、両立生活が辛い時も仕事を続けることができたのは人間関係が良く、本音で話せる先輩や上司がいたからです。

それが仕事に対するモチベーションになっていましたが、復帰してから年数が経つごとに、そんな先輩や上司がいなくなりました(異動や退職などで)。

かわりに価値観の違う、本音で話すことができない人たちに囲まれていました。

ギスギスした環境でがんばること5年、もうこれ以上この環境にいたら鬱になると思い、退職を決意。

もちろん、周りには止められました。

「私の仕事が多くなるからやめられたら困る」「わからないことを聞く人がいなくなるのは困る」「せめて自分が異動するまではいてほしい」

とも言われました。

唯一信頼している先輩には「寂しくなるなぁ」と言われ、止める代わりに泣いてくれました。

ブログへの挑戦

こうして今ブログを立ち上げるまでには何度もやろうと思っては行動せずを繰り返していました。

そもそも自己表現が苦手で怠け癖がある私です💦

マナブさんをはじめ、いろいろな方の実体験の記事を読んだりYouTubeの動画を見るたびに、やりたいけど難しそう自分にはムリだと見ているだけでした。

クラウドワークスで多少仕事をしていたので、続けていればよかったのですが言ってみれば所詮クライアントのいる雇われの身です。

もっと自由に働きたいという思いが強くなり、迷っていたブログこそがそれなんじゃないかと思いました。

知識や経験はゼロです。ITやパソコン設定など苦手なのでむしろマイナスからのスタートです。

詳しいことは何も考えていません。

それなのに、記事はバンバン更新するつもりです。

しばらく見にくくて安定しませんが、

行動しながら修正しながら、このサイトを価値のあるものにしようと思います。

証券会社で得た知識、両立生活、家事、育児など私が経験したことをもとに、役立つ情報をご提供します☆彡